アクリル画家・岡部遼太郎さんに学ぶ日々

お久しぶりです!亀山です。

今回のブログは画家・岡部遼太郎に学ぶ日々という事で、画家として生計を立てていらっしゃり、絵画教室の先生でもある岡部さんのご紹介をしていきます。

⇧半年でここまで上達しました。

 

前半は僕が絵描きを目指すまでのエピソード、後半に岡部さんの紹介記事になります。

実際にお会いもしてるのでリアル岡部さんを赤裸々に紹介してますよ。

 

前半に興味ない方は後半から読んでいただけると幸いです。

⇧絵を描く岡部先生

https://acrylicrab.com/  
⇧岡部さんのサイトです⇧

画家を目指すきっかけ

まず簡単な自己紹介。


僕の小さい頃からの夢は料理人で、ずーーーと料理一筋な人生を送ってました。

そして自分のお店を30歳で開業した後ひょんな事33歳の時に画家になる‼︎からと決めたんです。

 

まあ画家になると決断した理由は、絵が好きだったからなど色々あるんですが、ズバリ絵が売れると思ったんですね〜〜。

というのも飲食店経営だけで一生暮らしていくのは非常にリスキーだと思ってました。

 

 

●だって怪我したらどうなるの?
●病気になったらどうなるの?
●歳とったらどうなるの?

 

っていう不安が常に頭にあったからです。

そんな中で副業にできることはないのかな?とよく考えてました。

クチーナカメヤマのホームページ

⇧お店の情報が気になる方はこちらから⇧

 

 

副業にできそうなことといえば、経営コンサルティングと絵が好きなことくらい。

コンサルはなんとかできそう、でも絵で食べていくなんて夢物語。

 

絵は元々好きだったんですが、絵の世界は料理の世界より遥かに難しいと思ってました。

だって絵は無くても生きていけるけど、ご飯を食べずに生きるのって不可能ですからね。

 

需要が圧倒的に少ないのが絵の世界です。

偶然目にした映像

 

そんななか偶然見たテレビがありました。
テレビなんてほぼ見ないので奇跡の出会いとも言える偶然です。

その内容はネットを使って絵を売るというものです。

 

テレビの企画で芸能人が一般人のフリをしてメルカリで自分の作品を販売するという企画でした。

 

 

僕はこれを見た時に

こんな落書きみたいな絵が売れるのか???

なんて思ってましたが、安価ではありましたが売れてたんです。

 

 

えっっっっっっ、

絵ってこんな簡単に売れるの!?と衝撃が走りました!

 

 

そこから僕の頭の中で絵は売れないものから、売れるものだ!に変わっていきます。

 

 

という感じで画家になると決めたんですよね〜
絵が売れるなら画家になろう!という安直な考えです笑

 

とはいえ、安値で絵を販売して生きていく。

とは考えないもので、

絵が売れるのは分かったから今度はどうやったら価値のある作品が作れるのか?

 

という疑問にぶち当たります。

そんな中で画家の岡部遼太郎さんの存在を知ることになります。

 

そして画家になるために必要なことを日々学んでいるという感じです。

という感じで前置き長くなりましたが、ここから岡部先生の紹介をしていきます。

岡部さんでございます。

岡部遼太郎さんの絵の印象

 

まず岡部さんの絵についての第一印象です!

えっっ!これは写真じゃないですか???

というくらいにクオリティーが高いのが特徴ですね。

 

絵だけに驚いて絵っっ!?てなりませんか?

 

そして何より驚いたのが絵が下手だったという過去をお持ちなこと。

正直絵がめちゃくちゃ上手い人って元から上手かったりするんですが、岡部さんは努力の人なんですよ。

 

そしてなぜ?という疑問を持つ方なので、、絵の分析ができるんですね。

つまりこれはこうやってこうやってこうやると出来ます。
という制作過程を熟知してらっしゃるんです。

 

これは画力を上げたい僕としては非常に有難かったです。

しかも死ぬほど努力して多摩美大に入ったのに、大学では絵を教えてもらうという環境で無かったため、独学で極めていった方なんです。

 

 

美大では絵を描く環境が用意してあるだけでしたと、
入学前に思い描いていた理想の場所では無かったと嘆いていらっしゃったのが印象的でした。

まあ調理師専門学校も飲食店経営を教えてくれるわけじゃ無いので似たようなところはありますが、

絵を描く技術も絵を売る販売戦略も教えてくれないってのはキツいですね。

絵は趣味でやりなさい。と大学が言ってるようなものだと思いました。

 

昔の工房的な要素が大学には無かったんですね。

 

基本的に料理でもそうですけど、難しいとされている料理って難しいより工程が多いのが特徴です。

そしてうまく作る秘訣はその工程の意味を知り、丁寧に一つずつこなしていくことです。

 

なのでフランス料理は難しいより、工程が多すぎてめんどくさいという感じです。(禁句)

これは絵でも同じです。

すごい!
どうやってこの絵を描くんですか?

 

という絵も紐解いていくと一つ一つの工程を丁寧に確実にこなしていくだけなんです。

そういった過程を何故?という視点で学んできた方から勉強できるので非常にありがたいですね。

 

僕も何故何故人間なので、論理的説明があるとスッと入ってきます。

まあこれは絵画教室に入らないと学べない部分なので詳しくは説明しませんけど、人に教えるという意識を持つ方の授業はちゃんとしてますよ。

 

ましてや自分が学校できちんと教えてもらえなかったから、絵を学ぶ環境を作りたい。絵を食べていく人を育てて行きたい。という方なので分かりやすい。

 

僕も習ったことそのまま再現できるようになれば同じ絵が描けるはずなので、将来に期待しておいてください。

ちなみに習う前と習った後ではこのように変化があります。

⇧非常に更新頻度が乏しいwatakusinoYouTubeでございます。
プロに習ってからの上達速度が分かると思います。

 

⇧こんな絵が描けるようになりました。

自分では完成と思った絵でも岡部さんにアドバイスをしてもらうとこうなります

⇧自分のなかで完成⇧満足してました。

ラベル名
ご教授頂いた後

⇧絵の密度が全く違います

⇧額縁に入れるとこんな感じ

 

 

⇧これは授業の一部です。

⇧お母さんにプレゼントした絵です。

⇧ハウルの動く城も描きました。

⇧鉛筆で濃淡をつけてモンスター描きました。

⇧グッズの依頼もして頂いてます。

https://acrylicrab.com/
⇧岡部さんのサイトです⇧

岡部遼太郎さんの実績

また実績としても新聞に多数紹介されたり、展覧会を開いたりと輝かしいものがあります。

人間って不思議なものでこの実績に弱いですよね。

権威性というものになるんですが、やはり言葉だけでなく実績を残している方に教わろうとなりました笑

絵画教室に入学して

次に絵画教室に入学して感じたことをご紹介します。
まず入学して一番最初に感じるのは、

 

 

 

 

 

絵が売れる未来しか見えない。

 

 

 

 

 

という印象でした。

正直自分の努力次第で絵は売れます。

 

というくらいに絵を売るためのノウハウが全て詰まってるんですよね。

もちろん絵画教室なので、画力向上は当たり前にできます。

 

絵の具の種類まで教えてもらえて、配合量もわかるので本当に真似するだけ。

必要な能力は写輪眼だけです。サスケになればいいんです。
あっカメレオンでも良いですよ!なんならモシャスでも、、、、、、、。

物事の習得の一番の近道は成功者のそばにいる事。

という話をご存知ですか?

 

これはミラーニューロンというものの影響によるんですが、

成功者のそばにいるだけで人はその影響を知らずに受けてしまい、成功にどんどん近づいていくというものです。

良くいう似た者同士が引きあうという考えにも近いです。

 

僕自身の話ですが、お店を開業してからは自営業の方や経営者の知り合いが増えていきましたし、画家になると決めてからは絵を描いている方の知り合いがどんどん増えています。

 

そしてそういった環境に入ってしまえば、自分に必要な情報が勝手に入ってくるようになるんですね。

 

 

プロの画家になりたければ活躍している画家の知り合いを作れば良いし、飲食店を経営したいなら飲食店経営者と知り合いになれば良いんです。

そして大体自分が抱える悩みというものは先人が経験しているものです。

 

 

その経験を集約したような絵画教室といえば分かりやすいと思いますが、絵が上手くなるだけでなく、絵を買いたいと思ってくれるお客さんの探し方なども網羅してあります。

 

 

 

 

絵画教室に入学すれば絵は売れるようになる。

 

 

 

簡単にいうとそんな感じです。

ただこれは、この参考書を手に入れれば大学に受かる的な考えですので、しっかりと学ぶことができればという前提のもとですけどね。

 

どんな分野においてもこのしっかりと学ぶということができない人が非常に多い。

これが成功者が少ない原因になってるのかなと思います。

 

まあ僕はまだ未熟ですので、
そんな大きく語れませんが、、、。

 

 

情報を手にしたけどなかなか身に付かない、そんな時にミラーニューロンの仲間が助けてくれるんですね。

優秀な参考書+教えるのが得意な先生が付いてくれてクラスメイトがいるので同じように伸びていくことが出来ます。

 

 

簡単に説明すると東大を目指す学習塾や進学校に入学するようなものです。

攻略方法は分かっているので後は本人の努力次第で道は開けます。

https://acrylicrab.com/  
⇧岡部さんのサイトです⇧

実際にお会いして

大阪で開催された展覧会にお邪魔したこともあります。

第一印象は、良い人だな!感が溢れてましたね〜

 

これは非常に貴重な体験になりました。

ネット上にしか存在してなかった岡部さんに直接会えたことと作品を直に見れたことの2大収穫です。

 

嘘じゃなく本当にこの人存在してるんだ‼︎ってのと、フォトショップで加工した絵じゃないんだ!ってのも分かります笑笑

これは冗談ですが、やはりスマホ越しに見る作品と実物の作品では印象が変わります。

 

写真写りやサイズ感などもありますからね。

それに作品が持ってるパワーを直に感じることができます。

 

 

改めてリアルな風景画に魅了されたのはいうまでも無いんですが、売れるレベルの絵を見れたことが貴重な経験でしたね。

画力が全てとは思いませんが、売れている絵を見るのは一つの判断基準になります。

 

しかも安価な値段ではなく、画家としての価値を保った価格ですからね。

画家として絵を販売していく価格

少し絵の販売価格について説明します。

 

絵を買おうと思ったことない方は知らないかもしれませんが、ハガキくらいの小ちゃいサイズで2~4万円の世界です。

A 3くらいのサイズで20万くらいになります。(A3A4のノート2つ分の大きさです。)

 

まあこれがゴッホなら数千万から億になるので、安い部類になるんですけど、絵ってこんなに高いの!?と思った方もいるんじゃないでしょうか?

も自分が絵を販売しようと思うまでは知らなかった世界だったので、驚いた中の1人です。

 

ですが一枚の絵を描くのには数十時間下手したら100時間かかったりするので、値段的にはもっと高くないと絵の販売だけで生計を立てるのは難しいです。

 

でも高すぎると一般の人は買えなくなるので難しいところ、というのが絵描きの悩みだったりします。

絵描きだって毎月3 40万稼ぎたいと思うのが普通ですからね。

 

 

ちなみにゴッホは生前一枚しか絵が売れていません。

あれほどの有名画家でさえ絵を描いて生きいくというのは難しかったんです。

 

まあこれはゴッホが販売戦略というものを理解してなかったからとも言えますけどね。

ネット社会の現代に存在していたら超有名人になっていたでしょうから。

岡部さん達が動物病院の壁に絵を描いている写真です。

つまり伝えたいことはこれ

これから絵を勉強したいという方や、自分のお店に自分の絵を飾りたい。という方はぜひ岡部さんのブログを見てください。

無料のメルマガもありますのでできれば登録して文章を通して岡部さんの人柄に触れてみて欲しいと思います。

 

 

 

めちゃくちゃ良い人。

これに尽きます。

 

 

絵が既に上手い方はメルマガで勉強するだけでも、絵が売れるかもしれませんよ。

ライバルが増えると嫌なのでオススメしませんが、、、、。

 

というのは冗談として、

飲食店経営にしても絵を販売するにしても、基本が何より大事です。

その上で個性があり、応用があります。

 

我流にならず基本を抑えた上でオリジナルを作る事がどの分野でも成功していく秘訣ですので。

⇧習ったことを応用して描いた作品です。

絵を勉強したい方へ

↓岡部さんのブログ↓
https://acrylicrab.com/  
⇧サイトの出来もやばす⇧

もっとリアルな話聞きたかったら僕のインスタにDM下さい。秘密暴露♡(大嘘)

 

 

飲食店経営に興味ある方は↓のメルマガへ

もし将来自分のお店を持ち、絵を飾りたいという方は僕のメルマガに登録してください。

これまで勉強してきた飲食店の経営ノウハウ全て伝授します。

 

僕も四苦八苦して色々学んできたタイプなので、飲食店を経営していく上で損はないと思います。

基本を抑えた上であなたの個性を発揮することができれば、成功率は飛躍していきますからね。

 

 

まあご自由にですが、、、、。

 

 

ということで今回は絵を勉強させて頂いている岡部遼太郎さんの紹介記事でした。

 

プロに習うことであなたの成長を加速させることが可能ですよ‼︎

ではでは〜

 

 

https://acrylicrab.com/  
⇧岡部さんのサイトです⇧

気になったあなた 
こっそりお邪魔しても良いんですよ

現在飲食店経営を飛躍的に楽にする3つの要素プレゼント!!

↓登録はこちらからどうぞ↓

 

こちらをクリックで登録ページに進みます

*iCloudなどをのアドレスはメールが届かない場合があります。
各自のメールシステムで受信設定をしておいてください。